アエロタクト、エアハートが行っているイベント情報です


by aerotact

スカイブルー八方尾根・セーフティートレーニング 6/17-18

絶好のフライト日和に恵まれた週末、長野県スカイブルー八方尾根主催のセーフティートレーニングが開催されました。エアパークCOOの開催から2週間ほどの時間でしたが、そのなかで修正、よりよい改善を図り今回のトレーニングを迎えることができました。

前堀インストラクターは自らトーイングのオペレーションをされているので、そんな観点から事前に参加者のみなさまに講習を行っていただきました。そのようなこともあり、初日の机上講習はスムースに終了。ボートの待つ湖畔へ向かいました。琵琶湖を吹く風は穏やかで爽やか、予報通りのコンディションとなりました。

風がない分、ボートは長い距離を走って高度を獲得、700m以上の高度を確保することができました。湖上では「異常飛行にならないための実技」が繰り返し行われました。見た目派手ではありませんが、繰り返し行うことで「潰れ」「失速」の感覚を何度も体感し、操縦をしました。また、新しい試みもコミュニケーションを図るうえで大変有効なものとなりました。みなさん順調なトーアップと演技で3時前には2本づつのフライトを終了。その後、ビデオ解析で理解を深めました。

今回は宿のなかに講義室があるため、講義終了後にはすぐにお風呂や冷たい飲み物でリフレッシュ。初日はBBQで締めくくりとなりました。

2日目、陸風が収まるのを待ってトーアップ開始。今日は琵琶湖バレーからのフライトも行われており、山側、湖側ともにぎやかです。今日のフライトでは、昨日のフライトをもとにさらなるステップアップを図りました。予定の本数を終えたところで、さらにフライトご希望の方はもう1本フライト。納得のいくところまで練習を行うことができました。

素晴らしいスタッフ陣とご参加のみなさまの意欲に支えられ、2日間のトレーニングを終えることができました。ありがとうございました。

b0334633_14531618.jpg
*写真はまた後日追加いたします。


[PR]
by aerotact | 2017-06-19 14:53